飲食店 店内チラシ

お店を支えているのは、誰か?

お店を支えているのは、誰か?
お客様の中でも一番お店を支えてくれているのは、リピーターのお客様です。とかく、新規客獲得ばかりに目がいきがちですが、 リピーターが増えるかどうかで、お店が繁盛するかどうかが決まるといっても過言ではありません。 リピーターが増えると、お店の売上が安定してきます。ようはいつも支えてくれる人が多くなるわけです。 これに、新規のお客様が加われば、自然と繁盛という構図が見えてきます。このことから、今目の前にいるお客様を徹底的に大事にすることが必要です。 しかし、なにもしないとリピーターは減っていきます。

そこで、販促という観点からできる集客方法の案内です。 それは「〜かわら版」とか、「〜通信」というお店が発行する新聞のようなものです。わかりやすい言葉では、学級新聞みたいなものです。 お店のメニューの案内であったり、新商品の案内であったり、フェアであったり、地域のイベントの案内であったり、お客様からのお手紙であったり、 季節に関する記事であったりとなんでも良いと思います。こういったものを発行することによって、よりピーター率が上がり、 お店とお客様の距離感がかなり縮まります。また発行する側の常にお客様を意識するようになり、良い効果が期待できます。

店内チラシの作り方

全部手作りができればそれに越したことはありませんが、現実的に部数もかなりいりますし、 定期的と考えれば、ワードなどで制作するとよいでしょう。フォマーットが決まると、次月からは、 その部分、部分の内容の変更で済むようになります。まずは、失敗を恐れず、トライしてみるとよいでしょう。


飲食店情報館